たかまろにっき

なぜか人生がコンテンツ力に溢れてる、とある男子大学生の日記帳。

MRI検査をしてきました

「あれっあぐらかけないんだがw」

身体の異変に気づいたのは先週水曜日のこと。あぐらをかこうとすると股関節に激痛が走る。

…と言っても私は身体の硬さには定評があるので、まぁそんなもんかとその日一日はボーッと過ごした。

翌朝、起き上がろうにも激痛でどうにもならない。おい今日は勤務があるんだぞx_tkmr。しかもここは川越から1時間ほど離れた母方の実家。

「えっ詰みでは?」

なんとか起き上がるも歩くのがやっと。あぐらなんてもってのほか。これはヤバイと思いつつ、朝食をとる。

その日は午後には痛みが我慢できる程度になり、安静という言葉を知らない私はその後コンビニで6時間勤務をこなし帰宅。帰ったはいいものの激痛が再発し満足に横にすらなれない。納品2回も来たらまぁそうなるか…、と自分のアホさを再確認しながら寝る私(反省はしていない)。

 

…いや寝れないんだが?痛すぎるぞ?どの姿勢で寝るのが正解なんだ?もしや私は寝るのを許されない存在?

 

結局満足な睡眠が出来ず朝4時を迎えてしまう私。大学で鍛えられた”机に突っ伏して爆睡する能力”を覚醒させ、リビングのテーブルで質の悪い睡眠を取りなんとか眠気を紛らわす。この頃には椅子に座ることすらままならない状態になっており、さすがの私も病院に行くことを決意。

病院に行って自分の状態のプレゼンテーションをすると、いつもお世話になっている先生は一言。

「とりあえずレントゲンとMRI撮ろうか」

 

――というわけで入院以来7年ぶりのMRI検査になったわけでございます。

レントゲンの話は割愛でいいですよね。検査医のお姉さんに下腹部を押されて身体の位置を調整された話とかいいですよね。人間、下腹部で制御できると感動した瞬間でした。あとレントゲン写真にn[cm]砲がうっすら写ってておぉ~ってなったことくらいしかなかったような。

 

急を要しそうだとのことで、MRI検査医と先生の院内電話によるバトルを経て無理やり検査予約を突っ込んでいただき、後日再度来院することに。

 

MRI検査を受けるにあたっては同意書を書かされます。強力な磁場を発する機械なので金属系は全部ダメという話を延々受ける私。メイクも物によっては発熱するらしいのでなかなか怖い。あぁ、男に生まれてよかった。

そして検査当日。地下一階の物々しい雰囲気の検査室に案内される。検査着に着替え、いざ機械の中へ。「MRIは動きにめちゃくちゃ弱い」とのことなので撮影部位が動かないように検査機器の上で腰や足をベルトと重りでガチガチに固定される。そういうSMプレイありそうだよね。

 

f:id:tkmrmaron:20180222111922j:plain

MRI検査室。重厚な扉によって待合室と隔てられている。

 

目の前で研修医のお兄さんが手こずって先生に注意される光景を眺めたのち、そのお二人は別室に去っていき、けたたましいベルとともに検査が始まる。

機械の音がクソほどうるさいので、検査中は金属の入っていないやわらかヘッドホンで音楽を聞かされる。トトロの歌から始まり、君をのせて、…とテンション低めしんみりな感じのジブリ楽曲が続く。大衆受けするとは言え、気が滅入る。

外では「ビーーーーーーーーーーー!!!!!!!」「グォングォングォングォングォングォングォングォン」と大音量の機械音が鳴り響く。なんだか世紀末感すら覚える空間で、長いようで短い20分間を過ごしたのち「検査終わりです~」との声。久しぶりに人間界に帰ってきたような感覚を覚え、検査室を後にする。

 

検査結果は後日出るらしいとのことなのでその日は検査だけで通院は終わり。処方してもらった痛み止めを許容範囲内でガバガバ飲み、勤務先へ向かった。いい結果が出ると良いな。たぶん無理な気がするけど。