たかまろにっき

なぜか人生がコンテンツ力に溢れてる、とある男子大学生の日記帳。

雨男も極めれば雪を呼ぶ 〜2017年3月遠征⑤〜

こんにちは。たかまろです。今回も前記事の続きです。

 

宿を急遽変えて郡山に宿泊。翌朝起きてみると一面の銀世界。前の晩から降ってた雨が雪に変わっていたようです。風は強いし雪はかなりの勢いで降ってくる、そんな悪天候の中私は郡山から水郡線で水戸方面へ。


f:id:tkmrmaron:20170330140301j:image

郡山駅もこの通りの大雪


f:id:tkmrmaron:20170330140309j:image

吹雪の中発車を待つ水郡線


f:id:tkmrmaron:20170330140502j:image

対向列車も雪化粧

 

ちょっと寄り道をして常陸太田駅へ。かつて日立鉄道常北太田駅があった場所はスーパーに。わずかながら廃線跡も見ることができました。
f:id:tkmrmaron:20170330140637j:image

かつての常北太田駅があったと思われる場所。跡形もない状態である


f:id:tkmrmaron:20170330140735j:image

川沿いの右の敷地が日立鉄道跡

 

水戸からは鹿島臨海鉄道で大洗へ。ガルパンの聖地として一躍有名になった観光地です。街中の至るところにガルパンのキャラの描かれたのぼりが立てられており、街ぐるみでアニメを愛しているのだなぁと実感しました。
f:id:tkmrmaron:20170330141126j:image

ガルパンラッピングの車も


f:id:tkmrmaron:20170330141221j:image

ガルパンラッピングの車両にも遭遇

 

大洗にいた頃が風雨のピークのようで寒さに震えながら街中を散策。流石に耐えられなくなり水戸に戻る。つかの間の休憩の後、バイト先へと帰路に立ったのでした。

 

今回の旅ではいろいろな方に出会うことができました。前半戦で一緒に無茶苦茶なことしまくった同行人を始めとして、道中であった方々には心から感謝しています。楽しい旅をありがとうございました。

「またこんな時間を過ごしたいなぁ」、そんなことを思いながらバイト先へ向かう私でした。